【デメリット3選】Indeed無料掲載のデメリットとは?

indeed無料掲載のデメリット Indeed無料掲載
この記事は約5分で読めます。

こんにちは!リクルーティング・パートナーズ株式会社のIndeed運用チームの藤野です。

IndeedはテレビCMで積極的にプロモーションをかけることで、一気にユーザー数が伸びましたが、最近はめっきり減ったと思いませんか?

CMの内容も、昔は「仕事探しはIndeed」というフレーズばかりで、求職者に向けたメッセージを発信し、積極的に利用ユーザーを増やしに行っていたことがうかがえました。

Indeedは今や月間2800万ものユーザー数を抱える日本最大の求人検索エンジンとなっています。

しかし、最近は「中小企業が今一番使いたいサービス」といったように、掲載する企業向けのCMがほとんどになっています。
CMの通り、掲載求人数もどんどん増えており、企業様からお問い合わせを頂く機会も増えています!

そんな中で、最も多くいただく質問が無料掲載の方法」についてです。

ハローワークに求人を掲載しているように、Indeedも無料で掲載出来るため、やってみようという企業様は多いのではないでしょうか。ただし、Indeedはハローワークとは違って、有料掲載も出来る求人サイトです。

そのため、有料掲載と無料掲載では差別化されている部分が多くあります。

そこで今回は、無料掲載をしてみようとお考えの企業様に向けて、無料掲載のデメリットについて3つのポイントに分けてご紹介していきます。

有料掲載と無料掲載では掲載される「枠」が違う?

1つ目のデメリットとしては、掲載される「枠」についてです。

Indeedは下記画像赤枠のように、パソコンだとスポンサー、スマートフォンだとPRと記載されているものが有料枠の求人、それ以外が無料枠の求人になります。

パソコンで閲覧した場合

有料枠求人に出るスポンサー記載

スマートフォンで閲覧した場合

有料枠求人に出るPR記載

PCの場合だとページの上下、スマホの場合だとページの上中下に有料枠の求人が掲載されています。

この有料枠は、Indeedが日々ユーザーの行動を分析し、最もクリックがされやすい位置に用意されています。すごい仕組みですよね。

そして、有料枠と無料枠のクリック数の差は6となっています。

そのため、無料掲載の場合だと有料枠の求人と比較して、クリックされづらい位置にしか求人を掲載することが出来ないということが1つ目のデメリットです。

無料枠は、運用がほとんどできない…

無料枠で求人掲載をすることの2つ目のデメリットは、運用がほとんどできないということです。

これまでのブログ記事でもご紹介してきたように、Indeedは「運用型」広告です。

●Indeedの「運用」とは
原稿にキーワードを入れて表示されやすくすること
クリック単価を調整して露出量を調整すること
それぞれの求人のクリック数などのデータを見ながら調整をすること   などなど

しかし、こうした運用のほとんどは有料掲載した場合のみとなります。

無料掲載で出来ることとしては、原稿にキーワードをたくさん入れて、色んなキーワードにヒットしやすくすることくらいしかありません。そのため、あまり効果が良くない場合に、打てる手が少ないのです…。

【SEO対策】インディードの検索の仕組みって?【コツはキーワード】
インディードで求人を出してるけど、全然求職者にリーチしていない!そんなお悩みを持つ人事の方必見!インディードで求職者に見てもらうためには、求人原稿の書き方に工夫が必要です。求人原稿のプロがIndeed無料掲載でも応募が入る求人の書き方をお教えします。

有料枠の場合は、もっと多くの人に露出するためにクリック単価を上げる、特定の求人のみを多く閲覧させるようキャンペーン分けをするなど、色々と調整が出来るのですが、無料の場合はそれらが出来ません。

「運用」が肝であるIndeedですが、無料枠だとほとんどそれが出来ないということが2つ目のデメリットです。

無料掲載では、求人が掲載されなくなる?

3つ目のデメリットは、無料枠は掲載が保証されていないため、掲載されないことがあるということです。

求人が掲載されなくなる理由としては、2つの理由が考えられます。

理由その①:掲載基準に抵触した場合

原稿内に「主婦歓迎」「30歳以下の方歓迎」など性別や年齢を制限している場合など、掲載基準に抵触している場合は、Indeedに求人が掲載されません。

Indeed上で求人を作成している際に、もし差別的な文言を含んで作成したとしても、アラートが出るといった機能はありませんので、求人を作成される際には注意してください!

Indeedのタイトル(職種名)にメリットを書いてはダメな理由
求職者の目に留まるように、「未経験OK」「主婦歓迎」などのメリットをタイトル(職種名)に盛り込んでいませんか?Indeedでは、仕事内容に関係ない文言を職種名に記載するのはご法度。シンプルな職種名が最強なんです!このページでは、その理由を実

理由その②:作成日から90日以上経過している場合

Indeedでは、求人を作成した日から90日以上経過した求人は掲載されなくなる場合があります。

Indeedの管理画面上では、求人のステータスを「募集中」にしていても、実際の検索結果画面には表示されていないこともあります。管理画面上では、特にわからない仕様になっているため、こちらも注意してください!

以上のように、気がつかないうちに求人が掲載されていないことがあるというのが、Indeed無料掲載における3つ目のデメリットとなります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

<デメリットまとめ>
有料枠の求人と比較して、クリックされづらい位置にしか求人を掲載することが出来ない
無料枠だとほとんどIndeed「運用」が出来ない
気がつかないうちに求人が掲載されていないことがある

しかし、今までデメリットを述べてきましたが、Indeedの無料掲載はやらないよりもやった方がいいです!

ご紹介したデメリットがあるとはいえ、最も多くの求職者が見ているサイトに無料で掲載出来るということは、大きなメリットだと思います。

ただし、ご紹介した通り、有料掲載と比較するとデメリットはいくつもあるのは事実です。無料で一度やってみたけれど、効果が出なかったため有料に切り替えると、効果があった!という事例は弊社でも多数存在しています。

無料でチャレンジしたものの効果がなかったといった場合でも、一度弊社にご相談ください!ご相談頂いた際には、原稿の改善ポイント有料掲載に切り替えた場合の想定される効果など事例をもとにお話しできると思います。

もし、不明点がありよく分からない、ブログを読んで詳しく情報を知りたくなった!という方はいつでもお問い合わせを歓迎しております。お電話、WEB面談、直接訪問など、お気軽にご相談ください。


タイトルとURLをコピーしました