事例

Indeedの導入事例をご紹介します。

求人メディアとは違いインディードでは「キーワード」×「勤務地」でユーザーが検索して、それに関連する求人が一覧として表示をされるためマッチング率が高く、なかなか人が集まりにくいようなニッチな職種もインディードを活用することで人を集められたというような実績もあります。今回はindeedを導入して成功した事例をご紹介します。
インディードの始め方

インディードには掲載基準があるんです。

自社サイトを活用して採用をしていく「オウンドメディア・リクルーティング」を強化していくツールとなるのが、インディード。そこにはハローワークの求人ページなどを着地ページとすることは出来ない等の掲載基準があるのをご存知ですか?今回はそんなindeedの掲載基準を、なぜ基準が設けられているのか、その理由とともにご紹介します。
仕組み

インディード上に表示されている会社のロゴの正体とは?

Indeedで、求人タイトルの下に表示されている企業ロゴにお気づきですか?これは「注目の企業枠」と言われるもので、有料掲載をして一定の条件を満たすと企業ロゴを表示させて自社の求人を目立たせることが出来ます!「注目の企業枠」を使うとどんなメリットがあるのでしょうか?企業ロゴを表示させる条件やその効果についてご紹介します。
Indeed広告運用のコツ

なぜ求人広告へ出稿しても、応募者が集まらないのか?

求人募集を行っても応募が来ない、採用に至らない、求める人材に出会えない・・・と頭を抱えている採用担当者の皆様!それは、少ない釣り場で企業同士が人材を採りあっているからなのです!「就労意欲のある人材」から自社を選んでもらうにはどうしたらよいのでしょうか?自社の採用力を強化するにはインディードを活用することが最適なのです!
Indeed広告運用のコツ

インディードの運用って具体的に何してるの?「中の人」が答えます。

Indeedをやってみたい!いざ登録したけど、どのように使えば良いのか・・・と悩んでいる企業様も多いはず!そんなとき一番に考えるのが「Indeedの運用とは具体的に何をするのか」ではないでしょうか。この記事では代理店がどのような手法でIndeedをより効率よく、そして効果的に運用しているのか、赤裸々にご紹介します。
仕組み

インディードが求職者から発見されやすいロジックを説明します。

求職者がどのように仕事を探しているかご存知ですか?最近は求人サイトから仕事を探すのではなく、検索エンジンに直接「職種×エリア名」を打ち込んで仕事を検索しているんです。Indeedは日本中の求人案件を集約して圧倒的な集客力を構築しているので検索結果の上位に表示されます。Indeedを活用した採用活動を始めまてみませんか?
タイトルとURLをコピーしました