有料広告の掲載は必須?無料で採用したい!

有料掲載は必須? Indeed無料掲載
この記事は約4分で読めます。

こんにちは!リクルーティング・パートナーズ株式会社Indeed運用チームのりんたろうです。

最近、「どうしたら冬も体型を維持できるのか」という相談を受けることがあります。
肌の露出が減ってくる時期はどうしても気が緩むので皆さん不安のようですね。
前職の経験から、やはり「ジムで筋トレ」を奨めてしまいます。

そんな時には必ず「家でやれることって何がある?」という質問が返ってきます。
昨今では24時間ジムやダイエット専門ジムも増えており、お金と効果を等価交換させて自分の目標を追う方が増えてきているように思います。

ですが、自宅で、無料で目標を達成できるに越したことはありませんよね

これはIndeedにも似たことが言えると思います。
自社にマッチした応募者を無料で採用できれば、こんなに嬉しいことはありませんよね。
今回はインディードで有料掲載が必須なのか、無料で採用するにはどうしたらいいのかを解説していきます。

有料掲載は必須?

インディードの求人は、

・完全無料で掲載できる「無料掲載(オーガニック求人)」
・多くの求職者の目にとまりやすい「有料広告掲載(スポンサー求人)」

の二つに分かれます。 おおまかな違いとしては下の図をご参照ください。

無料掲載は費用がかからないが表示・応募されない可能性がある。有料掲載は費用がかかるが、より高い効果が期待できる

無料掲載と有料掲載のうち、どちらを選択するかはユーザー側に委ねられています
有料広告(掲載)が必須となることはありません

初めは無料で掲載を開始し、効果を見て有料広告へ切り替えることも可能です。
職種やエリアごとに無料広告と有料広告を使い分けることをお勧めします。

無料で応募獲得するには

キーワードが重要!

有料掲載ではクリック単価を増減させることで表示回数を調整できます。
しかし、無料掲載ではそれができません。 つまり、無料掲載での応募獲得は原稿勝負なのです。
少しでも表示数を上げるために、原稿内にキーワードを多く盛り込む必要があります。

キーワードとは、求職者が求人を検索する時に打ち込むワードのことです。 検索されたキーワードを含む原稿が表示されるため、検索されやすいワードを原稿内に盛り込んでおくことで表示回数アップが期待できます。
キーワード選定のために、まずは採用したいターゲットとなる人物像を明確にしましょう。
ターゲット選定の際の指標(例)
・本業・属性で分類する→大学生、フリーター、小学生の子どもがいる主婦など
・必要なスキルや経験を設定する→要資格、未経験OKなど
・雇用条件で選別する→土日勤務必須、短期OKなど

ターゲットの細分化を行うことでキーワード選定がより効果的になります。

例えば、ターゲットが大学生であれば「シフト自由」「大学生歓迎」などが有効なキーワードになると考えられます。 このようにして、ターゲットに合わせたキーワードを原稿内に盛り込みましょう。

自社の採用ホームページを紐づける場合も同様で、ホームページ内にターゲットに合わせたキーワードを盛り込みます。 ターゲットに検索されやすい原稿を作ることで、閲覧数だけでなくマッチング率も上昇します。

求職者を惹きつける職種名を

多くクリックされるためには、求職者が最初に目にする「タイトル」も重要です。

インディードの求人票原稿でタイトルに該当するのは「職種名」です。


思わずクリックしたくなるような、わかりやすい文言を選定しましょう。
※無料の場合、Indeed社からは「職種名のみ」などのシンプルなタイトルが推奨されています。文字数が多すぎるものや、★などの記号は避けましょう。

仕事内容を15文字程度で簡潔にまとめることがポイントです。システム上表示されにくくなる恐れがあるので、「未経験OK!」「急募」などの業務に関係のない文言は避けたほうが無難です。

大手通販会社のデータ入力スタッフ
↑簡潔に、シンプルにすることで閲覧効果が大幅UPします!
未経験歓迎★\急募/主婦さん歓迎のデータ入力
↑タウンワークでよく見るような、装飾の多い職種名はIndeedでは絶対NG!


詳しい職種名の書き方については、こちらをご覧ください。

Indeedの職種名ってどんな風に書けばいいの?コツを伝授します!
「求人募集をしたいけど職種名は何にしたらいいんだろう?」と迷ったことはありませんか?他の求人媒体を参考にする方もいると思いますが、インディードには職種名の書き方にもルールがあるのです!そして職種名の書き方ひとつで応募数や閲覧数は大きく変わっ

それでも応募が来ないから…といってすぐに有料掲載する必要はありません。 無料掲載から有料掲載に切り替えるタイミングについてはこちらをご覧ください。

【Indeed】無料掲載から有料掲載への切り替え、いつやればいい?
「まずは無料から」とIndeed(インディード)で無料広告の掲載を始めてから数週間。「いっこうに応募が来ない。やっぱり有料掲載に切り替えたほうが良いのかな?」ちょっと待って!あと一工夫、求人票を改善することで無料でも応募が入る状態になるかも

まとめ

<今回のまとめ>
・Indeedでは有料掲載は必須ではない。
・無料掲載のみで採用獲得するにはキーワードが重要。

先述の通り、Indeedでは有料広告を掲載する必要はありません。
そのため、Indeedを初めて利用される方には、まずは無料で掲載してみることをおすすめします。
効果に応じて有料化する原稿を選べばよいのです。

ただし、急募の案件や採用難が続いている求人の場合は、初めから有料掲載を行う必要があります。
有料掲載の方が露出も多く、採用につながりやすいことは間違いありません。

いきなり有料化するのはハードルが高いと感じてしまう方もいらっしゃると思います。
そのような場合は下記電話番号までご連絡をいただけますと幸いです。
直接、貴社の採用課題解決のサポートをさせていただければと思いますので、お気軽にご相談ください。

最後までお読みいただきありがとうございました。


リクルーティング・パートナーズ株式会社はインディードの掲載から掲載後のフォローまで、すべてお任せ頂けます。
ご不明な点、採用やIndeed運用に関するお悩み等ございましたら、お気軽にお問い合わせください!
もしくはTELでお気軽に!

0120-932-332
(平日10:00~18:00)

特に、 九州(福岡・佐賀・熊本・大分・長崎・宮崎・鹿児島・沖縄)での実績多数!
エリア特性に応じたきめ細かな運用を得意としています。

リクパー平日無料個別相談会
●企業様を応援!平日無料相談会を開催しています。一回30分、自由な日時をご予約可能です。

ブログに訪問いただいた皆さまへ、お役立ち資料プレゼント中!

当リクパーマーケティングブログにご訪問いただいた皆さまへ、弊社でのIndeed運用事例とお役立ちデータをまとめた資料をプレゼント中です。

(完全無料)資料ダウンロードはコチラ

上記のダウンロードフォームに必要事項を入力するだけで、無料で資料をダウンロードいただけます。

ここでしか手に入らない、プロオリジナルのノウハウ資料です。ぜひ貴社のIndeed運用にご活用ください!

この記事を書いた人
りんたろう

「九州発の人材プロフェッショナルファーム」リクルーティング・パートナーズ株式会社(通称:リクパー)でIndeedの運用を担当。リクパー最年少のディレクターです。
前職はパーソナルトレーナー。年上の女性(お客さん)からワインと花束を毎年頂いていました。チャラいわけではないですよ。好きなお鍋はもつ鍋。気温が低くなってくると毎日おこたでお鍋を食べたくなってしまう日本独自のあの気持ちに名前を付けたい今日この頃です...。

りんたろうをフォローする
Indeed無料掲載よくある問い合わせ料金
Indeedのプロフェッショナルが執筆!「リクパーマーケティングブログ」
タイトルとURLをコピーしました