やってはいけない

Indeed広告運用のコツ

Indeedの検索結果1ページ目に求人を表示させたい方へ。注意すべきポイントは?

「自社の求人広告を1ページ目、一番上に表示させたい!」…それ、Indeedでは逆効果かもしれません!Indeedでの上位表示狙いが困難な理由、メリット・デメリットをまとめてご紹介します。無駄な予算を使って後悔する前に、こちらの記事をご覧ください!
オウンドメディアリクルーティング

採用ミスマッチを防ぎたいなら。こんな求人票は絶対ダメ!

「せっかく応募してくれたけど、どうにもウチには合わなそうな人ばかり…」そんなミスマッチにお困りの企業様必見!良かれと思って書いたキーワードが、求職者にとっては逆効果!?ターゲットを広げたつもりが、かえって採用0に!?ついやってしまいがちなNG求人例とその改善策をご紹介します。もうミスマッチに悩まない!
事例

Indeedで絶対にやってはいけない求人票の書き方とは

Indeedでやってはいけない職種名(タイトル)の書き方についてご説明します。一見自由に思える職種名、実は暗黙のルールがあるんです!職種名は求職者が最初に目にするところであるだけでなく、SEO対策においても重要な項目です。せっかく出した原稿が閲覧されていない場合は、まず職種名を見直してみましょう。
Indeed広告運用のコツ

Indeedで絶対にやってはいけない、職種の同時運用とは

募集したい職種や勤務地情報が多数ある場合、求人案件数の制限が無いIndeedは効率的です。しかし、複数の求人を1つにまとめて掲載すると意外な落とし穴が…。それは「人気の職種・勤務地にクリックが偏ってしまい、まったくクリックされない案件が出てくる」ことです。この問題は「キャンペーン分け」を行うことで解決できます。
Indeed広告運用のコツ

Indeedで絶対にやってはいけない、上位掲載狙いとは

他にはない、自由度の高い運用が魅力のIndeed。「多少コストをかけてでも一番上に表示させたい!」とお考えの企業様も多いのではないでしょうか。実は上位表示には、Indeedならではの落とし穴があるんです!本記事ではクリック単価の設定に焦点を当てて、Indeeed運用のNG例をプロ目線でご説明します。
タイトルとURLをコピーしました