pickup

人事担当の皆さまへ

採用活動にも新型肺炎の影響が!今日から使えるWeb面接ツールのご紹介

リクナビ2021の合説イベントが中止になったことにより、学生と直接会える接点がぐっと減ってしまいました。検討事項が多すぎて、今更オンライン面接ツールを比較検討してる場合じゃない!と混乱されている担当者の方も多いかもしれません。とにかく超簡単!現役採用担当者がオススメする、今すぐ使えるweb面接サービスをご紹介します!
よくある問い合わせ

【Indeedのプロの本音】Indeedをオススメしないケース3つ

これまでは、インディードをうまく活用する方法や事例などいいことばかりご紹介してきました。しかし、当然メリットがあればデメリットもあるのが事実です。今回は、数多くの企業様の運用代行をさせていただく中で分かってきた弊社なりのIndeedのデメリット(おすすめしない場合)をご紹介。メリットデメリット、しっかり認識してますか?
よくある問い合わせ

人材サービスの選び方のコツ3選!料金システムも解説します。

近年ますます活発になっている採用市場。新しい求人サービスが次々と生まれています。課金システムひとつとっても、応募課金、掲載課金、クリック課金などの種類があり、どれを選べばいいのか迷ってしまいますよね。本記事ではサービスの選び方とそれぞれの仕組みを解説いたします。選び方のポイントは「予算」「ターゲット」「緊急度」の3つ!
Indeed広告運用のコツ

【Indeed運用のポイント】具体的にご説明いたします

「Indeedの自社運用を始めたいけれど、そもそも運用って何をするんだろう?」Indeed初心者の疑問をプロが解説!Indeedの運用を行う弊社の日々の運用方法をご説明いたします。
Indeed広告運用のコツ

【ホテル・ブライダル求人】たった2つの改善で応募単価が半分に!?

実際のIndeed運用をもとに採用活動の成功事例を紹介するシリーズです。今回ご紹介するのは、ホテル・ブライダル業を営む企業様。原稿内容の改善を行い、クリック単価を上げることなく応募率の向上を実現しました。成功の決め手は「キーワードの盛り込み」と「具体的な内容の記載」。予算を引き上げる前に、原稿内容を見直してみませんか?
事例

Indeedで絶対にやってはいけない求人票の書き方とは

Indeedでやってはいけない職種名(タイトル)の書き方についてご説明します。一見自由に思える職種名、実は暗黙のルールがあるんです!職種名は求職者が最初に目にするところであるだけでなく、SEO対策においても重要な項目です。せっかく出した原稿が閲覧されていない場合は、まず職種名を見直してみましょう。
Indeed広告運用のコツ

【Indeed運用のポイント】具体的にご説明いたします -②クリック率

「インディードの運用を始めたはいいものの、実際クリック数ってどうやったら増えるの?」その答えは、『検索キーワードの掛け算』にあります。「『実は求職者が本当に検索しているキーワード』を求人広告に載せていなかった・・・」なんて、もったいない!採用にお困りの飲食業界のあなたも、キーワードを少し変えて、他社に差を付けませんか?
Indeed広告運用のコツ

Indeedで絶対にやってはいけない、職種の同時運用とは

募集したい職種や勤務地情報が多数ある場合、求人案件数の制限が無いIndeedは効率的です。しかし、複数の求人を1つにまとめて掲載すると意外な落とし穴が…。それは「人気の職種・勤務地にクリックが偏ってしまい、まったくクリックされない案件が出てくる」ことです。この問題は「キャンペーン分け」を行うことで解決できます。
タイトルとURLをコピーしました