Indeed「最近クリック単価高くない…?」その背景と単価を下げるコツ!

よくある問い合わせ
この記事は約5分で読めます。

みなさん、こんにちは!リクルーティング・パートナーズ株式会社の河野です。

自社でIndeed(インディード)の有料運用をしている方、

「あれ、最近クリック単価、高くない…?」

そう思うことはありませんか?

実際にリクパーにも
「自動運用で自社で運用をしていたら最近クリック単価が急激に上がっていて……どうしたら良いですかね……」
といった悩みで連絡をくださった企業の採用担当者様もいらっしゃいました。

実はこれ、感覚的に「クリック単価、高くない?」と言っているわけではなく、実際にIndeed上で全体的にクリック単価が高くなってきているのです!

今回は、クリック単価が高騰している背景と、できるだけクリック単価を安く抑えるためのコツをお教えします!

2021年秋…クリック単価が高騰!?その背景とは

クリック単価が高くなってきている原因としては、ずっと世の中を騒がせている新型コロナウイルスの影響だといえます。

2020年から新型コロナウィルスの影響で、飲食業界や旅行業界をはじめ、多くの企業で業績が悪化していきました。そのため採用活動をストップする企業が多く、有効求人倍率は低下。求職者にとって職探しが困難な状況となりました。

しかし、今年はコロナワクチン接種での予防が広まり、緊急事態宣言やまん延防止等重点措置も全国的に解除されていきました。飲食店やイベントでの人数制限、飲食制限も緩和されてきています。徐々にではありますが以前のような日常を取り戻そうとしているのです。

それにあわせて、採用活動を再開した企業も多く、労働市場もまた一転。つまり

採用を再開した企業が多数……
求人数が圧倒的に増加!

そう、Indeedで掲載中の求人数がどんどん増えているのです!Indeedが出している求人数のデータを見ると、いかに求人数が増え続けているのかが分かります。

エリア別、Indeed上の求人数推移

【東京】
2021年8月:1,269,308(▲5,732
2021年9月:1,422,525(▲153,217
2021年10月:1,486,226(▲63,701

【大阪】
2021年8月:787,334(▲5,597
2021年9月:904,532(▲117,198
2021年10月:924,537(▲20,005

【福岡】
2021年8月:435,539(▲306
2021年9月:493,845(▲58,306
2021年10月:507,886(▲14,041

このように、東京、大阪、福岡の3都市を見ると、どこも右肩上がりで求人数が増えているのがわかります。(特に8月から9月にかけてが急増!)

Indeed上での求人数が増えると何が起こるの?

求人数が増えるということは、それだけ競合が増えるということ。求人数が多ければ多いほど、自社の求人が求職者に届きにくくなってしまいます。つまり、表示回数がだんだんと落ちていってしまうのです。

この時、運用担当者の行動としては、自社の求人がより表示されるように、クリック単価の上限をさらに高く設定します。すると、今までのクリック単価の上限設定では表示が落ちてしまう求人が出てきますよね。ということで、運用担当者たちがこぞって自社の求人が上位表示されるよう、クリック単価を高く設定していくのです。

購入希望者によって値段がどんどんせり上がっていくオークションと同じ仕組みですね。これが、今、Indeed全体でクリック単価が高くなってきている理由です。

自動運用でも同様です。自動運用はクリック単価に上限がなく、「『Apply Starts(「応募先へ進む」「応募画面へ進む」ボタン)』に繋がりやすいクリック数の最適化」を目的とするように運用されています。求人数が多くなれば多くなるほど求職者に求人が届きにくくなるのは変わらないので、応募ボタンを押しそうな人に向けて上位表示させようとして、クリック単価が上がっていきます。

※自動運用のロジックに関する記事

Indeed自動運用はクリック単価上限なし!自動運用のロジックとクリック単価を抑えるコツ
Indeed有料掲載の自動運用はクリック単価に上限がありません。そのためクリック単価が高値で設定されている場合も…。そんな時、クリック単価を抑えるコツは?そもそも自動運用でのクリック単価はどのように調整されている?そのロジックと、運用のコツ

クリック単価をできるだけ下げるコツ

原稿内容はわかりやすく!

Indeedでは、求職者の検索ワードや、検索エリアなどの検索履歴をもとに、求職者に最適な求人を表示しようというアルゴリズムが働いています。したがって、原稿内容を充実させるのはIndeedで表示回数を上げるコツのひとつです。以下の点を確認して、原稿を修正してみてください。

仕事内容は具体的にイメージできるように書かれていますか?
応募資格歓迎する人物像が分かりやすく書かれていますか?
応募フローがわかりにくくなってはいませんか?

キーワードを追加する

求職者が検索しそうなキーワードを追加しましょう。クリック単価上限を高く設定していなくとも、求職者の検索ワードに引っかかって表示がされやすくなります。

※リクパーでは、Indeed業界別キーワード&成功事例集を無料で公開していますので、コチラもご覧ください!

※また、自動運用ロジックに関する記事内でも、クリック単価を低く抑えるコツを紹介しています。

Indeed自動運用はクリック単価上限なし!自動運用のロジックとクリック単価を抑えるコツ
Indeed有料掲載の自動運用はクリック単価に上限がありません。そのためクリック単価が高値で設定されている場合も…。そんな時、クリック単価を抑えるコツは?そもそも自動運用でのクリック単価はどのように調整されている?そのロジックと、運用のコツ

原稿改善・運用はリクパーにお任せあれ

今回は、最近お客様からもお問い合わせの多い「クリック単価の高騰」に関して説明しました!他にも、「Indeedの運用のコツを知りたい!」「効果の出る求人票の書き方が知りたい!」という方はお気軽にお問い合わせください。

弊社には運用のエキスパートがそろっていますので、必ず形に出来るかと思います!
それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

Indeed掲載・運用・改善について少しだけ相談してみる


リクルーティング・パートナーズ株式会社はインディードの掲載から掲載後のフォローまで、すべてお任せ頂けます。
ご不明な点、採用やIndeed運用に関するお悩み等ございましたら、お気軽にお問い合わせください!
もしくはTELでお気軽に!

0120-932-332
(平日10:00~18:00)
※Indeedへのお問合せ先ではありません!

特に、 九州(福岡・佐賀・熊本・大分・長崎・宮崎・鹿児島・沖縄)での実績多数!
エリア特性に応じたきめ細かな運用を得意としています。

ブログに訪問いただいた皆さまへ、お役立ち資料プレゼント中!

当リクパーマーケティングブログにご訪問いただいた皆さまへ、弊社でのIndeed運用事例とお役立ちデータをまとめた資料をプレゼント中です。

(完全無料)資料ダウンロードはコチラ

上記のダウンロードフォームに必要事項を入力するだけで、無料で資料をダウンロードいただけます。

ここでしか手に入らない、プロオリジナルのノウハウ資料です。ぜひ貴社のIndeed運用にご活用ください!

この記事を書いた人
河野

九大卒→編プロにて編集・ライティング→リクパーで求人広告制作→Indeed運用。

右も左もわからないIndeed運用ド初心者だったばかりに、泣きながら運用業務をスタート。そんな経験をもとに、初心者の方向けの記事や、お役立ちのアップデート情報などを公開していきます。

河野をフォローする
よくある問い合わせ
Indeedのプロフェッショナルが執筆!「リクパーマーケティングブログ」
タイトルとURLをコピーしました