今さら聞けない、インディードの「クエリー」って?キャンペーン運用に超便利な使い方(基本編)

Indeed広告運用のコツ
この記事は約7分で読めます。

こんにちは!リクルーティング・パートナーズ株式会社の牟田口です。

突然ですが、日本人は(世界中の人も)、「キャンペーン」と聞くと「お?何かお得なことが始まるのかな?」とワクワクしてしまいますよね?
私もその1人でした。

しかし、インディードの運用に携わるようになって、「キャンペーン」設定という仕組みに触れてから、少し認識が変わりました(笑)。

キャンペーン(campaign)を直訳すると「作戦行動を行うこと」が原義で、組織や個人が社会に対する宣伝活動を行うこと。だそうです。

牟田口
牟田口

なんだ、お得とキャンペーンは関係ないのか〜

ということで、本日はIndeed運用における重要な仕組みである「キャンペーン」についてのお話です。

まずIndeedのキャンペーンの意味・仕組みを知っていただいていることが前提となりますので、キャンペーンって何?という方はこちらの記事を先にご覧くださいね!

(解説)Indeedの「キャンペーン」とは一体なに?どうやって活用するの?
Indeed運用の際に複数の案件をまとめられる「キャンペーン」ですが、使い道や効果がイマイチわからないという企業様も多いのではないでしょうか。本記事ではキャンペーンを活用するメリットや具体的な利用法をご紹介します。キャンペーンはうまく使えば

そして、このキャンペーンを有効に使うには「クエリーという仕組みを駆使して、求人のグループ分け(キャンペーン分け)をしてあげる必要があります!

…また横文字が出てきましたね。
「クエリー」ってなんのこっちゃ?という方にも、分かり易く進めていきます!

クエリーってそもそも何なんだ?

これを知らずには先に進めませんので、先に「クエリー」という仕組みについて説明していきます。
クエリーとは、IT用語では「処理要求」のことだそうです。

Indeedにおいてのクエリーの役割は、“キャンペーンを組む際に「こういう処理をしてくれ、と指示をするもの」”と思ってください。

前述のキャンペーンの仕組みについての記事にもありましたが、どんな基準でキャンペーン(グループ)を分けるか?によっても、クエリーに書く指示は変わってきます。

クエリーを使うシーンは、例をあげればこういう場合です。

…なるほど、意味がわかりませんね!
実際に画面のスクリーンショットを見ながらご説明していきます!

……。

↓まずキャンペーンを作成しましょう。
下の図の2か所の赤枠部分から、キャンペーンを新しく作成することができます。

↓そして、下の図の赤枠の中が、クエリーを設定する欄です。
ここに様々な条件を書き込むことによって、目的に合わせてキャンペーンを分けられるようになります。

クエリー作成のための、基本的な考え方

「キーワードとクエリー(詳細)」の左の小さなチェックをONにすると、抽出条件欄が表示されます(普段は設定欄は隠れていて見えません)。

「キーワードとクエリー(詳細)」の抽出条件欄に、任意のキーワードを入力することで、条件に当てはまる特定の求人を抽出することができます。

抽出された求人はページ右部のプレビュー画面に表示されますので、条件を細かくチェックしながら作業を進めることができます。

抽出できる条件項目について

キーワード

求人詳細ページ(ランディングページ)内のキーワード全てを対象に、案件の抽出ができます。
複数のキーワードで抽出や除外が可能です。


「事務」と入れれば、事務という言葉(キーワード)が求人票・求人ページ内のどこかに1箇所でも含まれる案件のみ抽出できる。
職種名

求人案件の「職種名」に限定して抽出ができます。複数のキーワードで抽出や除外が可能です。


「事務」と入れれば、事務という言葉(キーワード)が「職種名」内に含まれる案件のみ抽出できる。
会社名

求人案件の会社名に限定して抽出ができます。複数のキーワードで抽出や除外が可能です。


「〇〇ホールディングス」と入れれば、〇〇ホールディングスが出している案件のみ抽出できる。
勤務地

求人案件の勤務地に限定して抽出が可能です(複数の勤務地は抽出不可)。


「福岡市」と入れれば、福岡市の案件のみ抽出できる。

クエリー設定時の注意点

キーワードを指定する際は、そのまま書くのではなく、必ず英半角の「 ” ” 」(ダブルクォーテーション)を使用してください。

また、複数指定した条件のうち、どれか1つでも当てはまる案件を抽出したい場合、キーワードは「OR」で繋げてください。ORは大文字で記載し、ORの前後は必ず半角スペースを入力してください。

↓事務もしくは法人営業の案件のみ抽出したい場合はこう書きます。

複数の条件がすべて当てはまる案件を抽出したい場合、キーワードは  「AND」で繋げてください。ANDは大文字で記載し、ANDの前後は必ず半角スペースを入力してください。

そして、該当の条件に当てはまる案件を除外する(「〇〇を含まない案件」の検索を行う)場合、条件の前に  「-」(半角マイナス)をつけてください。半角マイナスと直後の文字の間はスペースなしで入力してください。

↓ドライバー以外の案件を抽出したい場合は、”ドライバー”の前にマイナスをつけます。

 (補足)おまじないについて

※この仕組みを詳細に説明するにはページの余白が足りないため、あえて「おまじない」と書きます。
おまじないです。「キャンペーンを効率的に作りたい!」と思ってこの記事を読んで下さっている方には、この仕組みを理解いただくことは必須ではないため、「抽出条件の検索時につけるおまじない」と思っていただいてOKです。

●おまじない
検索時、キーワードの後ろには -exactcountry:JP と追記します。

↑これが、おまじないです。
とりあえず、条件を検索するときには「-exactcountry:JP」とつけましょう。これで安心です。

さて、それでは基本を押さえたら、いよいよクエリを使ったキャンペーン(グループ)分けを行っていきましょう。

キャンペーン設定のやり方(基本編)

まず、私たちが運用しているIndeedの管理画面の一部をお見せいたします。

直接投稿型求人で、各求人ごとに予算を設定しながら運用している管理画面

これが、各求人ごとに予算を設定して(各、6万円と8万円になっていますね)運用している管理画面です。
こちらはキャンペーンが少なく、グループ分けをする必要がないため、あえてキャンペーンは作っていません。

直接投稿型求人で、キャンペーンごとに予算管理が可能な管理画面

●注意
もし貴社のアカウントの管理画面で、「広告キャンペーン」の設定ボタンがない場合は、Indeed社に申請することで作成可能になることがあります。

キャンペーンを分けることによる応募効果ってあるの?

採用担当者様
採用担当者様

キャンペーンを分けると予算管理がしやすい…というのは想像できるんだけど、ほかにメリットってないの?

実は、応募効果にもメリットがあるのです。
不人気職種・不人気エリアなどが含まれる案件で「表示回数が少なすぎる!」という場合、キャンペーンを適切に分けることで、表示回数をUPさせ、結果、応募が改善する場合もあります。

(実際の運用データ)キャンペーンを分ける前

採用担当者様
採用担当者様

人気の事務は表示回数が多いけど、あまり人気がない職種との差がひどいわ…。
ドライバーの表示回数をアップさせて予算をちゃんと配分したいわね。

そこで、職種別に下記のようなキャンペーングループを作成することにしました。

  1. 営業
  2. 事務
  3. ドライバー

↓上で説明した分け方のおさらいですが、たとえば「事務」なら、こういう風におまじないつきで抽出します。

(実際の運用データ)キャンペーンを分けたあと

キャンペーンを職種別に3つにわけて運用した結果、案件ごとの表示回数の差がかなり小さくなりました!

事務以外、ほとんど予算を当てられていなかった営業やドライバーもしっかり表示されていますね。

更に次は事務職案件の表示回数の差を減らすために、職種×エリアの要素も加えてキャンペーンを分けてみます。

(実際の運用データ)キャンペーンを分けたあと、さらに職種×エリアで配分

さらに、職種別とエリアをかけあわせて、下記のようなキャンペーングループに変更してみます。

  1. 事務×四国
  2. 事務×関西
  3. 事務×関東

↓例として、事務×四国はこのように抽出をします。

職種×エリアでグループ分けした結果は、こうなりました!

学生インターンB
採用担当者様

徳島県の事務案件が大きくとっていた予算が、ほかの県にも十分に分配されたわ!

キャンペーンを適切に分けることで、予算がバランスよく分配されたのね。

キャンペーンの分け方を調整するだけで、ここまで違いが出ます!
不人気職種、不人気エリア…などに予算が消化されない(表示回数が伸びない)とお悩みの方は、一度キャンペーンを分けてみることをおすすめします。

最後に

本日は、クエリーを使ったキャンペーン作成の基本的なテクニックについて触れました。

応用編に関しても近々アップ予定です!
そちらではもっとテクニカル且つ、複合的なクエリの使い方をご説明します。
さらなる運用効果向上、運用効率化に繋がるような内容でお届けする予定ですので、乞うご期待ください!

今回は少し難しい内容になっていますので、「詳しく教えてほしい」など、質問やお困りごとがございましたら、いつでもお気軽にご相談いただければ幸いです!


リクルーティング・パートナーズ株式会社はインディードの掲載から掲載後のフォローまで、すべてお任せ頂けます。
ご不明な点、採用やIndeed運用に関するお悩み等ございましたら、お気軽にお問い合わせください!
もしくはTELでお気軽に!

0120-932-332
(平日10:00~18:00)

特に、 九州(福岡・佐賀・熊本・大分・長崎・宮崎・鹿児島・沖縄)での実績多数!
エリア特性に応じたきめ細かな運用を得意としています。

ブログに訪問いただいた皆さまへ、お役立ち資料プレゼント中!

当リクパーマーケティングブログにご訪問いただいた皆さまへ、弊社でのIndeed運用事例とお役立ちデータをまとめた資料をプレゼント中です。

(完全無料)資料ダウンロードはコチラ

上記のダウンロードフォームに必要事項を入力するだけで、無料で資料をダウンロードいただけます。

ここでしか手に入らない、プロオリジナルのノウハウ資料です。ぜひ貴社のIndeed運用にご活用ください!

この記事を書いた人
牟田口努

前職:食品卸商社(営業)→現職:リクルーティング・パートナーズ株式会社(通称リクパー)に入社。ここでも営業職に3年半従事させていただき、今はIndeed運用チーム内最年長ディレクターとして日々お客様の採用成功に向け奮闘中! 営業とは違った刺激を楽しむ毎日。最近は運動による代謝のスピードよりも身体に脂肪が付くスピードが上回っていて悩んでいます。「うんよう」と「うんどう」どっちも頑張ります。こう見えて3児の父。

牟田口努をフォローする
Indeed広告運用のコツよくある問い合わせ仕組み
Indeedのプロフェッショナルが執筆!「リクパーマーケティングブログ」
タイトルとURLをコピーしました